2008年8月10日日曜日

奥武蔵ウルトラマラソン〜昨年に続き、大バテ



本日奥武蔵ウルトラマラソンに出場した。埼玉医大にとっては地元と言っていいレースで、毛呂山総合公園発着で奥武蔵グリーンラインを走る77kmの真夏のウルトラマラソンだ。
残念ながら研修1年目のM枝選手が練習不足を理由に棄権したので、U田君と2人の出場。
私は鎌北湖から顔振峠に至る途中の20kmすぎに早くも坂を快調に登れなくなり、おかしいなと思ううちにみるみる失速。フルの通過も例年より10分以上遅い4時間24分。46kmの折り返しの後は一時的に持ち直して5km30分ペースで粘ったが、ラスト10kmで完全に脚に来て、下り坂でも両大腿四頭筋、両ふくらはぎ、両大腿裏がぴくぴくと痙攣する始末で、完全な大失速。何十人と抜かれて情けない思いをした。初めてU田選手にもかわされてゴールは8時間37分でした。
涼しかっただけにこの成績では全く不甲斐ない。肝心の6-7月に奥武蔵練習が足りなかったこと、3時間以上のランニングを全くやれなかったこと、富士登山競走の疲れが抜けないうちにつじつま合わせの練習を直前にやりすぎたこと、が主な原因だろう。
U田君の方は、昨年より距離が2km伸びたのにもかかわらず、45分もタイムを縮める快走だった。コンスタントにグリーンラインを3〜4時間走をやっていた成果だろう。おめでとう。

筋肉痛がひどく、まともに歩けないし、立ち上がるのにも一苦労。胃もやられていて夕食にビールが飲めなかった。情けなし・・・。
サブスリーランナーでこんなにタイムが悪い選手も珍しいかも。

1 件のコメント:

(^oo^) bad girl (^oo^) さんのコメント...

Feel good......