2016年4月25日月曜日

トランスジェンダー選手が世界記録を更新する可能性について

特に「男性→女性」(MTF)の強い選手が現れて、女子の世界記録に迫る、ないしは更新する場合などが問題となる。
今回の指針によれば、MTFの選手は初回の競技出場前に少なくとも12ヶ月間、自分の血清総テストステロンレベルが10nmol/L未満であったことを示さねばならない。ただし「12ヶ月が女性競技におけるアドバンテージを最小化するのに十分な長さかどうか議論がある」とも付記されており、本当に1年間低テストステロンであるだけで女性競技に出場することがフェアかどうか、今後検証していくことが必要と思われる。今回の指針はトランスジェンダー選手の権利確保を主に考えられており、女性競技におけるフェアネスの維持という点については後回しになっている感がある。
実際、成人に達するまでにテストステロンの影響を受けて「男性的に」形成された身長、骨格、筋肉量などは、その後低テストステロンになったとしても維持される。
2009年のベルリン世界陸上の際に問題となった800mのキャスター・セメンヤ選手の例では、もちろんMTFとは異なるが、テストステロンの効果を受けて男性的体格となった後、性腺除去手術を受け、テストステロンレベルは10未満が1年以上続いたことが確認されて女性競技に復帰しているはずである。しかし6年経過後の現在も、やはり男性的パワーでもって世界のトップクラスを維持している。最近の南アフリカ国内のレース映像も確認したが、体型やフォームなどは変わっていない。
思うに(成人期までの)テストステロン効果がモノを言う種目とさほどでもない種目がありそうで、800などはモノをいう方なのだろう。もしこれまでの検討が「さほどでもない種目」での調査結果をもとに「1年間の低テストステロンで十分」というのは、やや危険な気もしている。




2016年4月24日日曜日

IOCがトランスジェンダー選手の出場基準を緩和

IOCはリオデジャネイロ五輪を前に、トランスジェンダー選手の出場基準を緩和する方向の新たな指針を出した。指針では女性から男性になった選手(FTM)は五輪出場の規制がなくなる。男性から女性になった選手(MTF)は男性ホルモンのテストステロン値が一定レベルを下回る条件などを満たせば参加が可能になる。性別適合手術を必須要件からはずしたことが特徴であり、たとえばMTFで精巣が残存していても、エストロゲン補充療法によりテストステロンがある期間抑制されていれば女性競技出場可能ということになる。
一方、この指針はWADAコードを覆すものではない、とされており、テストステロン補充療法を受けているFTMがドーピング規定違反に問われないのかどうかが明らかでない。情報を集めたいと思う。
原文はこちら。私の翻訳(一部意訳含む)は以下の通り。



性別適合(sex reassignment: SR)とアンドロゲン過剰(hyperandrogenism: HA)についてのIOCコンセンサスミーティング(2015年11月)

1)トランスジェンダーのガイドライン

A スポーツにおけるSRに関する2003年のストックホルムコンセンサス以降、ジェンダー・アイデンティティの社会における自律の重要性について、徐々に認識が高まってきた。
B しかしながら、ジェンダー・アイデンティティが法律で全く規定されていない司法権も存在する。
C 今のところ、トランスのアスリートがスポーツ競技会に参加する機会からしめ出されることのないよう、可能な限り保証することが必要である。
D 優先すべきスポーツの目的は、フェアな競争の保証であり、また今後もそうである。
E 競技会に参加する前提条件としての手術的解剖学的変更を必須としていることは、フェアな競争を確保するうえで必要ではなく、進化している法制と人の権利に関する観念に合致していない。
F このガイドラインは、WADAコードとWADA国際基準に従う必要性をいかなる手段によっても覆そうとするものではない。
G このガイドラインは絶えず更新されるべき文書であり、あらゆる科学的医学的進歩によりレビューされるべきものである。
こうした精神に基づき、男女の競技に出場する適確性を決定するうえで、種々のスポーツ組織により以下のガイドラインが実行に移されることにIOCのコンセンサスミーティングは同意した。
1.女性から男性へ転換する者は、男性のカテゴリーに制限無しに出場できる。
2.男性から女性へ転換する者は、以下の条件のもとに女性のカテゴリーに出場できる。
2.1.当該アスリートが自分のジェンダー・アイデンティティは女性であると言明していること。この言明は、このスポーツの目的に関する限り、最低4年間は変更することができない。
2.2.当該アスリートは、初回の競技出場前に少なくとも12ヶ月間、自分の血清総テストステロンレベルが10nmol/L未満であったことを示さねばならない。(12ヶ月が女性競技における有利を最小化するのに十分な長さかどうか議論があることを考慮して、ケースバイケースで秘密裏の評価に基づき、もっと長い期間を要求されることもありうる)
2.3.当該アスリートの血清総テストステロンレベルが、女性カテゴリーで競技するうえでの適確性を証明すべき期間を通して、10nmol/L未満でなければならない。
2.4.これらの条件に対するコンプライアンス(遵守)は検査によりモニターされる。遵守されない場合は、女性競技への適確性は12ヶ月延期される。

2)女性アスリートのアンドロゲン過剰(HA)

2015年7月24日の「Chand対AFI及びIAAF」(CAS 2014/A/3759)暫定裁定に対して、IOCのコンセンサスミーティングは以下のように薦める。
・スポーツにおける女性の保護、およびフェアな競技の原則の推進のために、規則は存在すべきである。
・IAAFは他のIF、NOC、他のスポーツ組織のサポートを得て、IAAFのHAに関する規則が復活できるようCASに再度訴える用意がある。
・差別を避けるために、もし女性競技に参加資格がない場合には、当該アスリートは男性競技で競技する資格が与えられるべきである。



2016年3月12日土曜日

ランニング学会でドーピングについて話します

本日から岡山で行われる第28回ランニング学会大会のシンポジウムに呼ばれている。今回の大会は、大会長の吉岡先生の競技志向を反映して(?)「マラソンニッポン復活に向けて “長距離走トレーニング再考”」という刺激的なタイトルがついている。
2日目(3/14日)の14時からの私の出番は、「ドーピングとランニング」というシンポジウム(座長:河合美香(龍谷大学) 演者:杉田正明(三重大学)・難波 聡(埼玉医科大学)・北島百合子(長崎大学))。大学のときにお世話になった杉田先生とご一緒できるのが楽しみ。
いつもの「女性アスリートの婦人科的問題」の話は北島先生にお任せするとして、今回は日本陸連医事委員代表として、長距離ランナーのドーピング問題について話す予定である。貧血・Epoの話がメインになると思うが、メルドニウムなど最新の情報も入れていく予定。市民公開講座として入場無料のはずなので、多くの方においでいただきたい。
名古屋ウィメンズマラソンの結果も出る時間帯で、盛り上がりがそのままつながるといいが。

2015年7月29日水曜日

埼玉スポーツ医学セミナーのご案内

7月30日(木)19時から第6回埼玉女性スポーツ医学セミナーが川越プリンスホテルで行われる。出水田 有紀さんとランニング学会以来の再会だ。その間にお嬢さんの世界クロカン出場への帯同もあったしな・・・。楽しみ。
僕は、「低エストロゲン状態が女性ランナーの選手寿命を縮める ~無月経の診断と治療~」という毎度のお話。でもタイトルを随分具体的にしてみた。

特に医療関係者・学生で、関心のある方はぜひどうぞ。

2015年6月23日火曜日

公認スポーツ栄養士養成講習会〜三主徴の解決には栄養士の関与が欠かせない

スポーツの現場において栄養サポートに対するニーズは、トップアスリートからジュニア層、スポーツ愛好家まで多様な層で高まっている。栄養士はコーチ、トレーナー、医科学のスタッフと連携し、栄養面からの専門的なサポートを行う。公認スポーツ栄養士は、現場のニーズに的確に応えることのできるスポーツ栄養の専門家であり、日本栄養士会および日本体育協会の共同認定による資格である。

その専門講習会に「女性のスポーツ医学」の単位が含まれており、もう5年目となる講義を2時間行ってきた。
受講生のほとんどはすでに特定のチームや学校をサポートした経験があり、そこに無月経の女子選手が含まれていた場合などは、いろいろ考えるところがあるのだろう、熱心に質問をしてくれる。

女性アスリートの三主徴(エネルギー不足、無月経、骨粗鬆症)からの脱却の第一歩は栄養状態の改善である。アメリカでは、対象の選手は栄養士との週1回の面談、食事内容のチェックを受けることが求められる。
そうした栄養の改善でもどうしても好転しない場合に、姑息的な手段としてホルモン補充療法が初めて考慮してもよい、とされており、三主徴の治療においてスポーツ栄養士は婦人科医よりもはるかに大きな役割を担うことになる。

そういう熱い期待を講義に込めた。届いてくれるといいが。
公認スポーツ栄養士養成制度についてはこちらを参照されたい。

2015年6月22日月曜日

高校女子長距離走選手の(望ましくない)典型例〜高1で無月経、高2で疲労骨折

日本陸連が最近まとめた高校陸上選手に対する大規模なスポーツ障害調査がたいへん示唆的である。
無月経既往のある女子選手はやはり長距離種目でもっとも多く、約半数である。
無月経になった時期は圧倒的に高校1年が多い。
そして疲労骨折の発症は高校2年がピーク。
これは無月経→疲労骨折の因果関係を推測させる。

その他にもいろいろな情報が詰まっている。女子に限らず、高校陸上選手を診る機会のあるスポーツドクターには必読だろう。各県の陸協を通じて、あるいは近々医事委員会のweb siteからも入手できるようになる予定。


2015年6月21日日曜日

日本陸連医事委員会〜代表メンバーのコンディション把握の限界

今年も全医事委員が一堂に会する年に一度の総会が味の素ナショナルトレーニングセンター(NTC)で行われた。
議題の一つは代表メンバーのコンディション把握について。
日本代表に選ばれながら故障や体調不良のために本番で力を発揮できない選手をゼロにすることは難しいが、帯同ドクターによる事前の状態把握が望ましく(なかなかこれがうまくいかない)、場合によっては補欠との差し替えなども考慮されなければならない(女子マラソンなどでは毎度問題になる)。
サッカーのように、日本代表に専任の監督とチームスタッフがいて、かつチームスポーツで代表メンバーほぼ固定、というのと陸上競技は異なる。選考競技会で勝てば、それまで無名だろうがなんだろうが日本代表に選ばれるというのが、ある意味陸上競技の公平でいいところなのだ。
だからこそ、特定の日本代表チームメンバーだけ医事委員会が気にかけておればいいというわけでないところが難しい。
直前まで怪我や不調情報を出してこなかったチームや個人にペナルティを与えるとか、何か選手選考の部分で考えないと、五輪や世界選手権など、選ばれること自体が名誉な重要競技会ほど、不調を押し隠して出場しようとする選手が後を絶たないような気もする。
それから、日本の競技会の過密日程についても。特に大学生競技者などはインカレで全力を出そうとすると、肝心の日本選手権〜世界選手権の頃には調子は下降線に入っていたり、その前に怪我をしてしまったりと言う事態が見受けられる。
「過密日程・過労」に対して医事委員会がエビデンスをもった提言ができるかどうか。道のりはまだまだ長い。

2015年6月20日土曜日

関東MDPV〜男子4継優勝・新入生も活躍

埼玉医大陸上部全体としては今年最初の大会。陸連の医事委員会と重なって残念ながら現地に行くことはできなかった。
春先からの不調が心配された男子短距離陣が復活の兆しを見せたことにまずほっとした。
主将も初の入賞で面目を保ったろうし、女子も新入生が多く出場し、盛り上がったことと思う。

男子100m予選 竹内優太 10.80 (+0.0) 大会新記録
男子100m予選 石坂直樹 11.55 (+0.1)
男子100m決勝 竹内優太 10.73 (+2.3) 1位
男子200m予選 中山雄太 22.60 (+2.2)
男子200m予選 渥美敬介 22.92 (+1.4)
男子200m決勝 中山雄太 22.21 (-1.0) 1位
男子200m決勝 渥美敬介 22.33 (-1.0) 2位
男子400mTR決勝 柴田遼 53.54
男子800m予選 赤川玲 2:03.68
男子800m予選 榎本寛 2:13.47
男子800m決勝 赤川玲 2:04.14 8位
男子1500m予選 秋山祥汰 4:24.33
男子1500m予選 豊田祥大 4:57.33
男子5000m決勝 轟和典 16:49.74 9位
男子5000m決勝 鹿島田舜也 18:55.81
男子4×100mR予選 石坂/竹内/渥美/中山 42.70
男子4×100mR決勝 石坂/竹内/渥美/中山 41.80 1位
男子4×400mR予選 忽滑谷/渥美/柴田/中山 3:26.60
男子4×400mR決勝 柴田/渥美/中山/竹内 3:26.31 3位
男子円盤投げ 中山雄太 32m89 2位

女子100m予選 秋山友香 13.31 (+0.3)
女子100m決勝 秋山友香 13.49 (+1.9) 5位
女子200m予選 武藤瑞希 31.00 (+0.0)
女子200m予選 今泉友希 27.97 (+1.0)
女子200m決勝 今泉友希 28.46 (-1.0) 7位
女子400mTR決勝 古谷佳菜子 1:04.83 8位
女子800m予選 黒岩光 2:48.06
女子1500mTR決勝 西塚優花 5:59.32
女子1500mTR決勝 富岡誠子 6:20.47
女子3000m決勝 岡部文子 10:19.89 1位
女子100mH TR決勝 中島真理惠 16.78 (-1.7) 2位
女子100mH TR決勝 山口彩織 18.80 (-1.3)
女子4×100mR予選 古谷/秋山/山口/今泉 53.05
女子4×100mR決勝 古谷/秋山/山口/今泉 53.45 4位
女子円盤投決勝 照井真理子 16m59
女子砲丸投げ決勝 照井真理子 6m33
女子走幅跳決勝 武藤瑞希 4m39 (+2.0)

男子トラック 埼玉医大男子 3位

2015年6月16日火曜日

無月経・疲労骨折〜跳躍選手も危ない?!

これまで女子陸上競技選手の無月経・疲労骨折というと、長距離ランナーにばかり注目が集まっていた。実際には、無月経・疲労骨折のリスクが高い方から、長距離走・競歩>跳躍>短距離走>投擲、の順になるようだ。
注目すべきは女子跳躍選手の無月経・疲労骨折経験率の高さ。確かに一線級の走幅跳・三段跳・走高跳・棒高跳の選手達は(長距離ランナーほどでないにせよ)スリムな痩身である。重力と戦う競技であるからには、軽量化は必至なのである。
長距離走のような「雨垂れ石を穿つ」ような継続的な骨へのストレスというよりも、体重の数倍という突発的な大きな衝撃が脚にかかる。
その結果としての疲労骨折が、長距離ランナー並みあるいはそれ以上に多いようだ。
一方、跳躍選手と短距離ランナーの間には、歴然とした罹患率の差がある。

日本は駅伝が盛んなせいか、跳躍選手の数も存在感も長距離・マラソンに隠れてしまっているが、こうした問題点があるとするならば、今後の跳躍選手育成に一石を投じるデータとなりそうだ。
詳細は日本陸連医事委員会、日本産科婦人科学会の報告書がそれぞれまとまるのを待って、改めて。

2015年6月15日月曜日

無月経アスリートが使うエストロゲン製剤はどれがいい?

無月経のアスリートのホルモン(エストロゲン)補充療法を行う場合、通常、経皮剤を用いる。
これは若い人に限らず、更年期のおばさまに対するホルモン補充療法の際も、最近は経皮剤をまず選択すべし、となっているからだ。プレマリン®という以前から多く使われてきた内服エストロゲン薬もあるが、胃から吸収されてまず肝臓に流れてしまうと、脂質代謝の面などで不利な点が多いことがわかっている。しかもプレマリン®だと、採血で測定できるエストラジオール以外の成分が多く、治療効果が血液検査で判定できないという問題もある。

となると、選択肢はディビゲル®、ル・エストロジェル®、エストラーナテープ®の3種類だ。
ディビゲル®とル・エストロジェル®はジェル剤で、化粧品会社が製剤化に協力しているだけあってベタベタせずのびもよくすぐれた使用感である。ディビゲルは1日分ずつ個別包装になっているので、合宿や遠征などの携帯に便利である。ル・エストロジェル®は白いボトルに資生堂の青いマークが美しく印字されており、若い女性は化粧品感覚で使えるようである。よってアスリートの人気が高い。
ル・エストロジェル®の標準1日使用量は2プッシュであるが、あえてアスリートに1日1プッシュで用いるように指導することもある。小柄な場合、急激なエストロゲンの上昇を本人が懸念する場合(体重増加の心配が多い)などである。ただし1プッシュだと十分に血中エストラジオール濃度が上がらない印象がある。せいぜい20pg/mL程度までであろう。
したがって、特に胸の張りや帯下増量などの問題点を訴える選手以外は、標準量(2プッシュ)の方がよいと思う。特に骨密度維持が急務のアスリートに対しては。

以前は、2日間貼りっぱなしにするエストラーナテープ®は汗をかくアスリートには向いていないだろうと処方を手控えていたが、性腺機能低下症の保険病名のもと堂々と若年者に保険処方できるようになってからは、(ともすると保険査定でひっかかりやすい)ジェル剤を避けて、エストラーナテープも積極的にランナーに処方している。地域によってはジェル剤の若年者への処方が保険ではできないところもあるようだ。
実際使ってもらうと、ジェル剤よりもパッチ剤の方がエストラジオール濃度が高め安定しやすい印象があり、また懸念していたよりもアスリートの皮膚トラブルが少ないので、当面はこれを第1候補に、と考えている。