2008年1月27日日曜日

大阪国際女子マラソン〜福士選手の惨状 見ていられず

福士の初マラソン挑戦で注目された大阪。録画予約を忘れて、埼玉県医学会から帰宅してテレビをつけたらもう34kmにさしかかっていた。福士がトップだったが、すぐわかるほどに明らかにペースダウンしていて、なんじゃこれじゃすぐ抜かれちゃうでしょ、と思ったらやはりまもなく次々と抜かれ始めた。
トップ争いはそのまま順位の変動もなく、マーラ・ヤマウチ選手が優勝、森本友選手が2位に入った。2人とも実力はもちろんあったが、メディア的には注目選手でなかったし、タイムもさほどでなく、森本選手の追走もぐっと差を縮めるほどではなく、テレビとしても盛り上がりようがなかった。ただ僕としては日本で練習を続けるヤマウチ選手を多くの日本人が応援している様子や、ゴール時のうれしそうな笑顔にそれなりに「よかったねえ」と感動はしたが。まあドラマチックかというと正直そうでもなかった。
で、テレビとしてはよれよれで走り続ける福士を追い続けるのもしょうがないところ。
キロ6分まで落ちていたというからもはやジョギング以下。もう足が硬直して痙攣して、何回も転倒してしまっていた。
哀れだなあと気の毒だったが、それは倒れたのが気の毒というよりも、そんなシーンをテレビカメラに執拗に追い続けられることが気の毒だった。トラックの女王で、プライドもあるだろうに、あの姿は映されたくなかっただろうなあ。気丈に引きつった笑顔は維持していたけど。かわいそうだった。
ただ、僕も何度も足がつって立ち止まったり歩いたりしたことがはあるけど、倒れたことはない。じっさいフルマラソンの終盤で痙攣して転倒している人は見たことがない。あれは相当足にきていた証拠だ。
今までのロードシューズよりさらに軽量化をはかって130gのシューズで臨んだという話だったが、この軽量シューズはばててからは全く助けになってくれなかったはず。結果的には普通の発想通り、少々重くてもきっちりクッションとサポートのあるレースシューズを履くべきだっただろう。アディダスジャパンの作戦ミスだ。ゲブレシラシエはちゃんとフルのときはハーフのときと異なり、厚めのセカンドランクのアディゼロを履くと言うが、福士もその方がよかったのではないか。アテネで勝ったイタリアのバルディーニだってターサーを履いていたのだ。
福士の初マラソンへ向けての練習も、距離走は32kmまで、たった1ヶ月の準備期間。それじゃやっぱりフルマラソンは走れなかったわけだ。ハーフとはわけが違う。僕自身どこかに福士に対して、フルをなめちゃいけないよ、これで思い知ったろ、という気持ちがあることは否定できない。
福士のことだから、次のレースにはいよいよモチベーションアップして周到に準備して臨むだろうけど、最初があまりに失敗しすぎると次にどう改善すればいいかわからず、いつまでもマラソンがわからない、こわくなってしまう、という悪循環に陥りかねないので、心配している。必ずいずれはフルで好タイムを出せるはずの選手だけに、監督コーチは心して次のマラソンを迎えてもらいたい。
これで高橋尚子選手にかかる期待が俄然大きくなった。高橋以外にも名古屋に出る選手にしてみれば名古屋で25分切って日本人1位に
なればオリンピックにかなり近づくわけで、名古屋がさらに注目レースになりそうだ。ついでにいうと世界選手権6位の嶋原選手にも目が出てきたといえる。

1 件のコメント:

たか さんのコメント...

マーラ・ヤマウチ選手のブログのヒットが
普段5件くらいなのが、今回のレース後一夜
にして3万件あったそうです。マラソンの
インパクトは大きいですね。
マーラ・ヤマウチ選手は昨年の世界陸上にも
参加していますし、ラドクリフ選手についで
英国歴代2位の記録を持っているわけですか
ら、今回の優勝も予想の範囲内だったので
しょうか。

名古屋ですが、弘山選手あたり、優勝しそう
な気がしているのですが。